バイアグラは市販出来るのか

バイアグラは処方せん医薬品であって市販薬ではない

バイアグラは勃起不全の治療において抜群の効果を発揮する医薬品ですが、日本では処方せん医薬品に指定されているため、
手に入れるためには医師の処方せんを持参して調剤業務を行っている薬局に行かなければなりません。
バイアグラは性行為の1時間前に服用すれば十分な効果が得られますが、これはこの医薬品がそれだけ作用が強い薬であることも意味しています。
薬の作用が強いということは、それだけ使用に伴う副作用もでやすいことを意味しており、添付文書などに記載されている通りに正しく使用しないと、副作用の症状がよりでやすくなります。
日本の規制当局は、外国でバイアグラの使用者による死亡例が出ていることを踏まえて、医師や薬剤師の管理・指導のもとで投与する必要があると判断し、
風邪薬や胃薬などといった市販薬と同じ扱いにはしない方針をとっています。

処方せん無しで薬を入手する方法はあるのか

バイアグラの使用を考えている人の中には、病院に行かなければならないのが煩わしいと考える人もいます。
その大きな理由は、病院に行くと診察料や検査料などの支払いが発生し、薬局でも調剤料や薬歴管理料などの支払いが発生するからです。
薬をもらう度に何度も病院へ通うと、薬代以外の出費も大きなものになります。
もし、薬代以外の出費をなるべく抑えたいと考えているのであれば、外国製のバイアグラを通販サイトから個人輸入してくる方法があります。
外国製のものは日本製のものと同じか、それより安い値段で販売されていることが多いからです。
外国製のものを個人輸入する場合、使用によって身体に異変が生じても、公的救済制度の対象にはならず、治療費を全額自己負担しなければなりませんが、
薬の服用と自己管理を適切に行えるだけの知識がある人にとっては有効な方法といえます。


不妊の治療に効果的なサプリを紹介